神戸

  • 印刷
色鮮やかな緑のじゅうたんが広がる東遊園地のグラウンド=神戸市中央区加納町6
拡大
色鮮やかな緑のじゅうたんが広がる東遊園地のグラウンド=神戸市中央区加納町6
養生中、透明のシートで覆われた芝生=2月18日、神戸市中央区加納町6
拡大
養生中、透明のシートで覆われた芝生=2月18日、神戸市中央区加納町6

 神戸市中央区の東遊園地のグラウンドに青々とした芝が戻ってきた。毎年、冬の風物詩「神戸ルミナリエ」や、阪神・淡路大震災の追悼行事「1・17のつどい」が終わると枯れてしまうため、1月下旬に種をまき、シートをかぶせて養生していた。

 都心にオアシスを-と、市が芝生化を始めたのは、2015年度。現在は約2500平方メートルを整備する。広い範囲を透明のシートで覆うため、養生中は一面、スケートリンクのような光景に。新芽は順調に育ち、先月下旬にシートを撤去。現在は柵で囲い、養生部分への立ち入りを制限している。

 市によると、早ければ12日にも一般に開放する予定。担当者は「春らしい日も増えてきたので、緑の上でリフレッシュしてもらえたら」と話している。(鈴木雅之)

神戸の最新
もっと見る

天気(4月3日)

  • 16℃
  • 8℃
  • 10%

  • 20℃
  • 2℃
  • 10%

  • 17℃
  • 6℃
  • 10%

  • 19℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ