神戸

  • 印刷
ギネス認定された、8960枚の折り紙による「世界最大の文章」=神戸市長田区蓮池町1
拡大
ギネス認定された、8960枚の折り紙による「世界最大の文章」=神戸市長田区蓮池町1

 神戸市西区の障害児入所施設「おおぞらのいえ」の子どもが折った折り紙で、「世界最大の文章」を作ってギネス記録に挑戦する催しが26日、同市長田区の神戸常盤アリーナであった。8960枚を約8時間かけて並べ、「大空を翔(かけ)る」の5文字が見事に完成。ギネス記録に認定された。

 住宅リフォーム会社「新生ホームサービス」(同市中央区)が、社会貢献として企画。同施設とは2013年から交流があり、今春に施設を離れる子どもたちのため、昨年11月から準備を進めてきた。

 この日は、家の形に折った折り紙を、子どもたちも参加して並べる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、同社社員だけで行うことに。午前9時から7人がかりで作業を始め、午後5時にようやくできあがった。

 同社広報の松川倫子さんは、テレビ電話で子どもたちに報告。「開催が危ぶまれたが、あきらめなくてよかった」と感無量だった。(伊田雄馬)

神戸の最新
もっと見る

天気(4月2日)

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 16℃
  • ---℃
  • 10%

  • 16℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ