神戸

  • 印刷
動画一覧へ
柱に上って下りられなくなった猫=神戸市東灘区御影石町4
拡大
柱に上って下りられなくなった猫=神戸市東灘区御影石町4
24時間ぶりに猫救出
拡大
24時間ぶりに猫救出

 神戸市東灘区の御影高校で15日から16日にかけて、猫が運動場の柱(高さ約15メートル)に上ったまま下りられなくなり、救出劇が繰り広げられた。消防隊が出動し早期救出も期待されたが、はしご車が入れず、断念するハプニングも。約24時間後、高所作業員に助けられて地上へ下り立った猫は、元気な様子で立ち去った。

 発端は15日夕。散歩中の犬にほえられた猫が驚いて走りだし、そばのフェンスを伝って柱によじ上った。

 直後、柱の上でカラスに襲われそうになり、耐えたものの、降りられないまま翌朝を迎えた。かすれた声で鳴き声を上げるなど一時は疲れた様子も見せた。

 近隣住民らが見かね、同校に連絡。16日午前9時ごろに出勤し、住民からの留守番電話を聞いて事態を知った教諭らは消防へ通報した。

 同日午後1時ごろ、消防隊がはしご車で現れたが、車が運動場の入り口を通過できず、救出活動を断念。思わぬ延長戦に入った。

 教諭らは猫が転落してけがをしないよう、柱の下にネットを用意。消防も高所作業の専門業者に連絡し、救出の準備を進めた。

 同日夕、高所作業車が到着。はしごを伸ばし、作業員2人が近づく。猫は落ち着かない様子だったが、2人が網を使って救出すると、集まった住民らから歓声が上がった。

 教諭の一人は「今日はずっと頭から猫のことが離れなかった。無事で良かった」と涙。近くの自宅から一部始終を見守った高校2年の女子生徒(16)は「たくさんの人が猫を心配し、力を合わせたから助けられた。本当にうれしい」と語った。(谷川直生、坂井萌香)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月22日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ