神戸

  • 印刷
「ブラッスリー ラルドワーズ」が販売する弁当の一例(同店提供)
拡大
「ブラッスリー ラルドワーズ」が販売する弁当の一例(同店提供)
「ブラッスリー ラルドワーズ」が販売する弁当の一例(同店提供)
拡大
「ブラッスリー ラルドワーズ」が販売する弁当の一例(同店提供)
「ブラッスリー ラルドワーズ」が販売する弁当の一例(同店提供)
拡大
「ブラッスリー ラルドワーズ」が販売する弁当の一例(同店提供)
「ブラッスリー ラルドワーズ」が販売する弁当の一例(同店提供)
拡大
「ブラッスリー ラルドワーズ」が販売する弁当の一例(同店提供)

 新型コロナウイルス感染拡大で料理の持ち帰り需要が高まる中、ミシュランガイドの「ビブグルマン」に選ばれたことのあるフランス料理店「ブラッスリー ラルドワーズ」(神戸市中央区磯上通4)が、回数制の弁当販売を始めた。10食6千円で、治療に従事する医療関係者の家庭には半額で提供する。オーナーシェフの柘植淳平さん(43)は「厳しい現場で働く医師たちの支えになれば」と意気込む。(谷川直生)

 同店は2004年開業。自家栽培の野菜の料理が特徴で、14年、手頃な値段で良質な料理の店を紹介するビブグルマンに選ばれた。

 柘植さんは2児の父。保育園の保護者らから「毎日3食を準備するのが大変」との声を聞き、弁当を販売することにした。また、フランスではシェフが医療関係者を料理で支援する取り組みが広がっており「神戸でも支援の輪を広げたい」と半額での販売を決めた。

 料理の内容は日替わりで、コンセプトは「休日のシェフが家族に振る舞う料理」。フレンチだけでなく和食なども織り交ぜる。医療関係者へは同店だけでなく、取り組みに賛同した他店からの提供もあるという。

 柘植さんは「飲食店も苦しい状況だが、つかの間の楽しみになればうれしい」と話す。

 中央区に限り配達も実施。同店TEL078・221・1171

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ