神戸

  • 印刷
「このソースで自宅の食事を充実させてほしい」と話す藤原淳さん=神戸市中央区北長狭通2
拡大
「このソースで自宅の食事を充実させてほしい」と話す藤原淳さん=神戸市中央区北長狭通2

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飲食業界で持ち帰りや宅配サービスの導入が進む中、神戸市中央区北長狭通2のイタリアンバル「オラ!アチャホ」が、パスタソースの持ち帰り販売を始めた。約23年前の開店以来、常連客が熱望してきた商品化。店主藤原淳さん(51)は「本音は店でわいわい食べてほしいが、こんな時だからこそ新たな挑戦を選んだ」と話す。(谷川直生)

 同店は1997年開店。営業時間は本来、午後6時~深夜2時だが、兵庫県の要請で現在は午後3~8時に短縮している。客は3月から減り、4月は例年の1割程度。打開につなげようと、かねて要望があったパスタソースの商品化を決めた。

 ソースはバジルやニンニクをすりつぶし、クリームソースと絡めたジェノベーゼクリーム、アラビアータ、ゴルゴンゾーラの3種。藤原さんは「店で食べる味を完全に再現できたわけではないが、自宅の食事を充実させてもらえれば」。

 いずれも一人前税込み550円。注文後に調理するため購入希望者は前日までに予約が必要。TEL078・322・3900

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸の最新
もっと見る

天気(7月14日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 23℃
  • 90%

  • 27℃
  • 22℃
  • 80%

  • 27℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ