神戸

  • 印刷
暑さ指数を示し、熱中症への注意を呼び掛ける神戸市のホームページ
拡大
暑さ指数を示し、熱中症への注意を呼び掛ける神戸市のホームページ

 神戸市は、新型コロナウイルス感染症対策を踏まえた夏の熱中症予防対応指針を策定した。マスク着用により体内の熱放散を妨げる恐れがあることから、外す時間を増やすよう求める。児童・生徒には登下校時、2歳未満の乳幼児には常時、それぞれ着用しないよう呼び掛ける。市は「長い外出自粛で体が暑さに慣れておらず、熱中症にかかりやすい」として、例年以上の警戒を訴える。(初鹿野俊)

 市によると、熱中症は例年5月から出始め、7月下旬~8月上旬に増える傾向にある。市は「今年は新型コロナの影響で拍車がかかるのでは」と警戒する。

 要因の一つが、「新しい生活様式」で感染防止の基本とされたマスク着用だ。夏場においては、体内に熱がこもりやすくなる上、加湿されて喉の渇きを感じにくくなる恐れがある。また、長期間要請が続いた外出自粛で、体が気温の高さに適応できなかったり、水分を豊富に含む筋肉の量が減少したりして、熱中症リスクが高まる危険性が指摘される。

 また、熱中症患者が増えると医療体制の圧迫につながる。呼吸状態悪化や意識低下といった重症時の症状が新型コロナとも似ており、診察時に防護服が必要となるなど医療現場の負担増も想定される。

 こうした事態を防ぐため、市は新しい生活様式を踏まえた熱中症予防の対応方針をまとめた。3密(密集、密接、密閉)の状況ではマスクを着用する一方、人との距離が2メートル以上取れる場合は外し、意識的にそうした状況を作るよう求める。

 児童・生徒には、登下校や体育の授業など屋外ではマスクをしないよう呼び掛ける。2歳未満は日本小児科医会の見解に合わせ、着用自体を控える。

 このほか、暑さに慣れるまでは入浴はうっすら汗をかく程度にとどめる。エアコンを使用している室内でもこまめな水分補給を心掛け、定期的な換気を促している。

 市は熱中症警戒宣言を発令。ホームページで毎日、暑さ指数(WBGT)を掲示し、熱中症に注意した行動を促す。

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ