神戸

  • 印刷
動画一覧へ
中ホールの舞台で1人だけの演奏を楽しむ女性=神戸市中央区楠町4(撮影・吉田敦史)
拡大
中ホールの舞台で1人だけの演奏を楽しむ女性=神戸市中央区楠町4(撮影・吉田敦史)

 コロナ禍で公演を休止している神戸文化ホール(神戸市中央区楠町4)が、無人の舞台でピアノ演奏を楽しめる「HALL de PIANO」を始めた。世界3大メーカーのオーストリアの「ベーゼンドルファー」社、米国の「スタインウェイ&サンズ」社製の2台を用意し、本格的舞台に立った演奏者の気分を味わってもらう。運営する神戸市民文化振興財団は「ピアノ好きな方は気楽に参加してもらいたい」としている。(津谷治英)

 同ホールは、新型コロナウイルス感染の拡大を予防するため、政府の自粛要請を受け2月末からコンサート、演劇などを中止、延期してきた。5月21日に緊急事態宣言が解除されたが、出演者らとの日程調整、3密(密集、密接、密閉)対策に時間が必要で、再開に向けて準備を進めている。

 再開までの間、無人の中ホールを有効活用しようと企画したのが「HALL de PIANO」。2台のピアノは、グルジアのエリソヴィルサラーゼさんら国内外の著名演奏家も弾いたもので、5月末に一般公募したところ、たちまち6月の予約が埋まる人気で、7月も開催を予定している。

 市内外問わず応募でき料金は1時間3千円。1回につき5人まで利用できるため連弾や、2台の弾き比べも楽しめる。また弦楽器に限定して楽器持ち込みができ、協演もできる。

 練習目的に限定しているが、撮影は可能。チェロを持参し、家族だけのミニコンサートを楽しむグループも。同振興財団・営業企画課の坂本京子さんは「動画を撮影されている方もいる」と話す。

 実際に舞台で弾いた神戸市西区の会社役員の女性(56)は、マーラーのアダージェットを演奏。「めったにない機会でぜいたくな気持ち。音の伸びを実感できました」と笑顔で話していた。

 問い合わせは同ホールTEL078・351・3535

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸の最新
もっと見る

天気(4月18日)

  • 16℃
  • 10℃
  • 40%

  • 14℃
  • 7℃
  • 60%

  • 16℃
  • 11℃
  • 40%

  • 16℃
  • 10℃
  • 40%

お知らせ