神戸

  • 印刷
特別定額給付金を地元で使うよう呼び掛ける藤井昌治さん=神戸市須磨区松風町5
拡大
特別定額給付金を地元で使うよう呼び掛ける藤井昌治さん=神戸市須磨区松風町5

 特別定額給付金を地元経済の立て直しにつなげようと、神戸市須磨区松風町5のノリ専門店「河昌(かわしょう)」店主、藤井昌治さん(64)が、インターネットを通じ、地域の飲食店などでの消費を呼び掛けている。新型コロナウイルスの影響で、売り上げが激減した店があり、賛同の輪が広がっている。

 同店は1971年の創業で、県内のすし店などにノリを卸すほか、店舗販売もしている。新型コロナの感染拡大に伴い、取引先でも4月から休業する飲食店が増えているという。

 5月下旬、フェイスブック上にグループ「10万円は近所のお店で使おう」を立ち上げ、市内中心の30人が登録した。登録者は地元飲食店に立ち寄ると、ランチの写真などを随時投稿している。

 藤井さんは「コロナの影響でお店がなくなるのは悲しい。また元気に商売してほしいので、皆に協力してもらえれば」と話す。

(森下陽介)

【記事特集リンク】新型コロナウイルス

神戸の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ