神戸

  • 印刷
全国から集まった写経を火中に投じる僧侶ら=神戸市須磨区須磨寺町4
拡大
全国から集まった写経を火中に投じる僧侶ら=神戸市須磨区須磨寺町4

 新型コロナウイルス感染症の終息祈願のため、須磨寺(神戸市須磨区須磨寺町4)が写経の奉納を呼び掛けたところ、15日までに全国から4千巻以上が寄せられた。本尊前に供えていたが、並べきれない量に達したため、同日、お焚(た)き上げをした。

 4月13日から同寺の公式サイトで、なぞるだけで書ける般若心経の写経用紙を提供。郵送などでの奉納を呼び掛けると、北海道から沖縄まで全国各地や欧米からも届いた。「一家全員で挑戦した」「穏やかな時間を過ごせた」との手紙も添えられていたという。

 写経は本尊の前に供え、毎朝僧侶が疫病退散を祈願した。この日は読経に合わせ、火の中に4646巻の写経が投げ込まれた。囲いいっぱいの写経が音を立て燃える様子を、多くの参拝客らが立ち止まって見守っていた。

 小池陽人(ようにん)副住職(33)は「今大事なのは不安を誰かにぶつけることでなく、不安と向き合い生きていくこと。写経でそれがかなうのでは」と話した。写経の奉納は今後も受け付ける。TEL078・731・0416

(小谷千穂)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ