神戸

  • 印刷
タンタンが表紙を飾る神戸ノートの新商品
拡大
タンタンが表紙を飾る神戸ノートの新商品

 神戸市民になじみの学習帳「神戸ノート」に、約40年ぶりの新商品が加わった。表紙のデザインには、7月に中国からの貸与期限を迎え、帰国することが決まっている王子動物園(同市灘区王子町3)のジャイアントパンダ「旦旦(タンタン)」が採用された。同園の担当者は「ノートになったことで、神戸にタンタンがいたことを後世にも伝えられる」と喜ぶ。

 神戸ノートは、同市長田区浪松町3の「関西ノート」が1952年に販売を開始。神戸の風景がモノトーンで印刷されたデザインが特徴的で、世代を問わず使われてきた。動物園に関連するデザインは白鳥が写る「自由帳」などに続き3冊目となる。

 新商品はB5判の方眼紙ノート。帰国が決まる前の2019年末ごろから企画が進められていた。表紙は18年11月に撮影された写真で、岩に寝そべってリラックスする姿が収められている。

 裏表紙は19年撮影のライオン、ラオ(雄)とサクラ(雌)の写真を採用。同園の担当者は「他の動物の写真も候補に挙げていたが、来日20年の記念にタンタンを推していた。多くの人に使ってほしい」と話す。

 1冊198円(税込み)。市内のスーパーなどで購入できる。(谷川直生)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月8日)

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

  • 28℃
  • 23℃
  • 80%

  • 29℃
  • 24℃
  • 80%

  • 28℃
  • 23℃
  • 90%

お知らせ