神戸

  • 印刷
よこはま動物園ズーラシアに引っ越すアムールヒョウの「トライ」=神戸市灘区王子町3(王子動物園提供)
拡大
よこはま動物園ズーラシアに引っ越すアムールヒョウの「トライ」=神戸市灘区王子町3(王子動物園提供)

 神戸市立王子動物園(同市灘区王子町3)は、昨年誕生した絶滅危惧種アムールヒョウ3頭のうち、雄の「トライ」が今月30日、よこはま動物園ズーラシア(横浜市旭区)へ移動すると発表した。

 野生のアムールヒョウはロシア沿海地方に生息。国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストで「絶滅危惧IA類」に分類され、近い将来に絶滅の危険性が極めて高いとされている。

 国内では現在18頭が飼育中。王子動物園では昨年7月、トライと雌の「スク」「ラム」が誕生し、両親の「アニュイ」「セイラ」と合わせて、国内最多の5頭を飼育する。

 ただ、同園にはアムールヒョウの飼育部屋が3室しかなく、きょうだい3頭は同室。この環境で成長すると、けんかや近親交配の恐れがあるという。国内には血縁的に近い個体が多く、積極的な交配を避けるため、現在雄1頭を飼育するズーラシアでの受け入れが決まった。

 トライは推定で、体長約1メートル、体重約30キロ。きょうだいの餌を奪い取るなど、やんちゃな性格だという。同園で姿を見られるのは、29日正午~午後2時が最後。現在は入場は抽選式で、申し込みは7月5日分まで終了している。(長谷部崇)

神戸の最新
もっと見る

天気(7月4日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 90%

  • 27℃
  • 21℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 90%

  • 26℃
  • 21℃
  • 90%

お知らせ