神戸

  • 印刷
拍手と共に順番にスタートするトレイルランの参加者=神戸市垂水区塩屋町4
拡大
拍手と共に順番にスタートするトレイルランの参加者=神戸市垂水区塩屋町4

 神戸市垂水区塩屋から須磨区にかけての山道を駆け抜けるトレイルランのイベント「Seamountain 20k(シーマウンテン20キロ)」が4日、開かれた。地元の愛好者らでつくるグループが初めて主催。市内外から31人が出場し、ランニングウエアに身を包んだ参加者たちが、起伏の激しいコースに次々と繰り出した。(杉山雅崇)

 主催したのは「Shioya mountain club(シオヤマウンテンクラブ)」。垂水区出身でトレイルラン好きの会社員来住(きし)裕也さん(40)=兵庫県明石市=らが結成した。

 来住さんは、2年前から友人らと塩屋周辺の自然を楽しむようになり、トレイルランを通じて山やまちの魅力を知ってもらおうと、コースの選定や清掃など開催準備を進めてきた。

 標高の高い山岳地域を走る「スカイランニング」の世界選手権日本代表に選ばれた楠田涼葉さん(27)ら4人のゲストランナーも招待。会員制交流サイト(SNS)で告知したところ、大阪や京都からも参加者が集まった。

 この日は午前8時20分ごろから、密集を避けて一人ずつスタート。ランナーは旗振山や須磨アルプス、須磨海岸などを縦横に巡り、正午ごろから次々とゴールした。地元の人気店も協力し、発着地点のチョコレート工房のほか、カレー店やピザ店が自慢のメニューで疲れと空腹を癒やした。

 来住さんは「地域の協力のおかげで成功できた。今後も、幅広い世代の交流が生まれるようなイベントを企画したい」と話していた。

神戸の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ