神戸

  • 印刷
動画一覧へ
使わなくなった傘の生地でエコバッグを作る山本さん=神戸市中央区
拡大
使わなくなった傘の生地でエコバッグを作る山本さん=神戸市中央区

 1日からレジ袋が有料化されたことを受け、神戸市中央区の主婦山本美代子さん(70)が、使えなくなった傘でエコバッグを製作した。山本さんは「軽い素材で撥水(はっすい)性もあるので便利。まねしてほしい」と呼び掛ける。(坂井萌香)

 「少し破れたり、折れたりしただけで傘を捨てるのはもったいない」と山本さん。傘の生地には丈夫で速乾性のある素材が使われ、汚れも落ちやすいことに着眼し、マイバッグにリメークしようと考えた。

 柄から取り外した生地を型紙に合わせて切り、ミシンで縫製する。持ち手には100円均一ショップなどで購入できる布テープを使用し、必要に応じてマチを作ればより便利。簡単な物なら一つ30分程度で作ることができるそうだ。

 山本さんは新型コロナウイルス感染拡大による「ステイホーム」期間中、さまざまなサイズの傘で大小四つのバッグを製作した。買い物の量に合わせて使い分けるという。

 「無駄を出さない」ことも大切にしている。傘を束ねるベルトはバッグの留め具として活用。端切れでポケットを作るなど3時間近くかけて作り上げたこだわりの1点もある。

 山本さんは「傘を捨てることなく、新しい姿で利用できるのがうれしい。傘の種類によってさまざまなバッグができるので楽しい」と話した。

神戸の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ