神戸

  • 印刷
特設ページで公開している2019年夏のイベントの様子(神戸市提供)
拡大
特設ページで公開している2019年夏のイベントの様子(神戸市提供)

 建て替えが予定されている神戸市立須磨海浜水族園(須磨区、通称スマスイ)の今の姿を記録して未来に残そうと、神戸市は市公式サイト内に特設ページ「須磨海浜水族園デジタルアーカイブ」を開設した。保存のための意見やアイデアを31日まで募集している。

 現在の施設は、前身の須磨水族館をリニューアルして1987年に開園した。老朽化により2021年から一部解体に着手し、23年に閉園。民間事業者による新施設が24年のオープンを予定している。

 特設ページでは、館内の生き物や施設の写真、波の大水槽などを360度カメラで撮影した映像、季刊誌「うみと水ぞく」のバックナンバーなどを公開。過去の期間限定イベントの記録も見ることができる。

 「多くの人に愛されてきた施設なので、みなさんが求める形で残したい」と市の担当者。現在、仮想現実(VR)での保存や、飼育員がエピソードを紹介する生き物図鑑、来場者から集めた写真を使ったモザイクアートなどの案が寄せられているという。

 応募は特設ページの専用フォームから。市観光企画課TEL078・984・0361

(小谷千穂)

神戸の最新
もっと見る

天気(8月13日)

  • 33℃
  • 28℃
  • 30%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

  • 34℃
  • 28℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ