神戸

  • 印刷
神戸阪急ビル東館で開業する知的交流拠点のイメージ(神戸市提供)
拡大
神戸阪急ビル東館で開業する知的交流拠点のイメージ(神戸市提供)
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸・三宮の神戸阪急ビル東館(神戸三宮駅直結)に来春オープンするビジネス交流施設「神戸市知的交流拠点(仮称)」は、社会課題などの解決を目指す実証プロジェクトの先行実施に向け、参加する企業や個人を募集する。

 施設を運営する神戸新聞社が主催し、神戸市が共催。起業、創業、副業などを支援するベンチャー「アドリブワークス」(大阪市)と「Co-Studio」(東京)が事業支援する。

 「ITによる自助共助モデルの構築」がテーマの課題部門と自由部門があり、10月~来年3月末の半年間で解決策を導き、4月に成果発表会を催す。

 課題部門は、公助だけに頼らない自助共助モデルを提案する個人、企業、チームが対象。9月13日にアイデアを出し合うワークショップを行い、来年1月17日には中間報告会を開く。

 自由部門は、2人以上のチームが対象で、神戸に新しい価値観をもたらすアイデアを募る。専門家の助言を受け、提案を磨く。

 2部門とも参加は無料。書類選考、オンライン面談を経て、参加者を決める。応募、事業の詳細は所定のサイト(https://chiteki‐kobe.com)から。問い合わせは神戸新聞社内の事務局(chiteki‐kobe@kobe‐np.co.jp)まで。

神戸の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ