神戸

時計2020/8/5 05:30神戸新聞NEXT

  • 印刷
弟や息子らに囲まれる鈴木貞次郎(左から2人目、山形県大石田町提供)
拡大
弟や息子らに囲まれる鈴木貞次郎(左から2人目、山形県大石田町提供)
水野龍(国立国会図書館デジタルコレクションより)
拡大
水野龍(国立国会図書館デジタルコレクションより)

■「移民の父」若き日の苦闘 コーヒー農園で信頼得る

 〈鐘とラッパの音で、その日その日の決められた肉体労働が支配されて、まだ奴隷制度があった頃の雰囲気を残しているコーヒー園生活も、下草の除草時に入るとラッパの音が聞こえてこなくなる〉

 日伯協会のボランティア出石美知子さん(76)が現代語訳した、ブラジル移民の父・鈴木貞次郎(1879~1970年)の回想録「椰子(やし)の葉風」は、こう始まる。

 鈴木は06年、皇国殖民会社の水野龍(りょう)の誘いでブラジルの土を踏んだ。農政局長の知人が運営するコーヒー農園で働きながら、豊かな風土に魅せられていく。

 〈二百メートル位のバナナの道。広々とした葉がひらひらと舞い翻ると、月光がこぼれて暗い地上に明るい影を投げる。時としては無風……おそらくはサンパウロ州の夜の一特色であろう…〉

 なんでも体験しなくてはいけないと、時々はくわを手に汗を流した。さまざまな農園労働者と付き合い、楽天的なイタリア人からは「コーヒー園労働は気長にやることが一番」と教わる一方、反抗的なスペイン人に「こんなところに君の国の人たちを働かせるつもりかね」と問い詰められる。

 そして、コロニヤ(移民小屋)の娘アンナと引かれ合う、異郷のロマンスも。黄色人種という劣等感から「もう一歩」を踏み出せずにいるうち、水野の移民事業が形を取り始め、鈴木はサンパウロの移民収容所で働くことになる。

 農園を離れる別れの場面はロマンチックだ。

 〈あっと思う私の首に、しなやかなアンナの両手がかかった。アンナは泣いていた。ボロボロと涙のこぼれ出る目を大きく開いて私を見つめた〉〈「アンナ!」。私の切ない叫びにも耳をかさず、アンナは水桶(おけ)を下げて急ぎ足に、コロニヤの暗闇に消えていった〉

 鈴木は農園の日雇いから始め、事務所の雑用係の後、1年余りで書記となった。支配人からは金銭の扱いを任されるほど信用され、〈監督たちからも『ススキ、ススキ』と会うたびに、まず私に呼びかけるくらいの好意を持って待遇されていた〉

 水野が手掛けた、笠戸丸による08年の第1回移民船の背景に、鈴木の働きぶりや人柄は見逃せない。

 鈴木は、通訳など移民の世話を引き受け、入植地で産業組合を創設。邦字紙の編集にも携わり、日系社会に大きな足跡を残した。

 「言葉も満足に通じないところから、誠実な仕事ぶりで信頼を得ていく。気概ある日本人のストーリーをもっと多くの人に知ってほしい」。出石さんはそう願っている。(伊田雄馬)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月30日)

  • 24℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 17℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ