神戸

  • 印刷
県内外の高校放送部の力作を紹介する津田明日香アナウンサー(左)ら=神戸市中央区東川崎町1
拡大
県内外の高校放送部の力作を紹介する津田明日香アナウンサー(左)ら=神戸市中央区東川崎町1

 高校放送部の作品を紹介する特別番組「#放送部の夏 高校アナウンスフェス」が9日、ラジオ関西(神戸市中央区)で生放送された。新型コロナウイルスの感染拡大で「放送部の甲子園」とされるNHK杯全国高校放送コンテスト(Nコン)が中止となり、発表の場を失った放送部のために同局が企画。高校生たちの青春をかけた、アナウンスや朗読の練習の成果が披露された。(末永陽子)

 提案したのは、同局のアナウンサー津田明日香さん(24)。小野高校(兵庫県小野市)出身で、Nコンの朗読部門や創作テレビドラマ部門で準優勝しており、「後輩の力になりたい」と同僚らと広く参加を呼び掛けた。

 アナウンス▽朗読▽番組▽ラジオCM-の4部門で、応募数は10府県49校から計244作品に上った。予想以上の反響に、2時間の放送予定を4時間に拡大。技術力を競う大会とは異なり、多くの人に聞かせたいという観点から、27作品を選んだ。

 朗読部門では、地元の作家玉岡かおるさんや貴戸湊太さんが課題を提供。夏のはかなさを情感ゆたかに読み上げた作品や、登場人物になりきったせりふなどが流され、津田さんやゲストの映像クリエイターぶんけいさん=兵庫県出身=らが「間の取り方が上手」「情景が浮かんでくる」とトークを繰り広げた。

 Nコンに向けて制作された作品もあり、放送中に参加者からは「3年間の部活動が無駄ではなかったと思えた」「将来声を使う仕事がしたいと改めて決意するきっかけになった」などの感想が寄せられた。

 津田さんは「作品に込めた思いや努力を届けることができ、私にも忘れられない夏になった。夢を諦めずに追いかけてほしい」と話した。

神戸の最新
もっと見る

天気(9月23日)

  • 26℃
  • 21℃
  • 70%

  • 27℃
  • 18℃
  • 60%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

お知らせ