神戸

  • 印刷
東遊園地に設置された「クールベンチ」=神戸市中央区加納町6
拡大
東遊園地に設置された「クールベンチ」=神戸市中央区加納町6

 三宮・東遊園地(神戸市中央区)に「クールベンチ」が登場した。神戸市が取り組む異常高温対策の一環で、神戸高専電気工学科の道平雅一教授や学生ら4人が、半導体素子の「ペルチェ素子」を使って制作。アルミ板の座面が冷える仕組みで、暑さしのぎとして好評という。

 内側にアルミ板を貼った「ふた」を閉じた状態で、ベンチのボタンを押すと、赤のランプが黄色に変わって冷却を開始。8秒後に緑のランプが点灯したら冷却完了で、ふたを開けて座るとひんやりする。

 8秒で気温より5、6度冷えた状態になるといい、熱中症にかかった人を寝かせるなど、応急措置に役立てることもできる。

 ペルチェ素子を使った冷却装置は、クーラーなどで使われるコンプレッサーに比べて音が小さく、消費電力も少ないのが特長。冷却状態は約5分で終了するという。

 長女(1)と公園を散歩中の母親(32)は「ひんやりして、めっちゃいいです。暑い日は争奪戦になりそう」と笑顔。設計や配線を担当した同科5年の安田台(うてな)さん(19)は「座った人から『これ、有料ですか?』と聞かれました」と仕上がりに満足そうだった。

 利用時間は午前9時~午後5時。神戸高専は今後、利用者へのアンケート調査を予定している。他の対策として植栽やミスト装置を組み合わせた「ミスト広場」のほか、ペットボトルに無料で給水できる冷水器も試験的に設置している。(長谷部崇)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月1日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 0%

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ