神戸

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 神戸市立小・中学校の給食に、神戸ビーフを使った豪華メニューが登場する。市教育委員会によると、給食に神戸ビーフが出るのは初めて。10月から来年2月までに小・中とも3回ずつ予定しているという。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた国の緊急経済対策の一環で、需要が落ち込んだ県産食材を県が購入し、学校給食で提供する事業を活用。食材は、市に無償提供される。

 神戸ビーフのメニューはすき焼き、ビーフシチュー、プルコギなど。そのほか、マダイやマダコの唐揚げ、丹波地どりのソテーなど高級食材を使用した献立が検討されている。

 市教委事務局健康教育課は「普段の給食ではなかなか出せないメニュー。兵庫の食の魅力を伝える機会にするとともに、コロナ禍で大変な思いをしている子どもたちに楽しんでもらいたい」としている。

 市では小学校で約8万4千食、中学校で約1万5千食の学校給食が提供されている。(長谷部崇)

神戸の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ