神戸

  • 印刷
大仏の造立を祈って行われた護摩祈とう=神戸市須磨区須磨寺町4、須磨寺
拡大
大仏の造立を祈って行われた護摩祈とう=神戸市須磨区須磨寺町4、須磨寺
イベントの一環として行われた「AR大仏」
拡大
イベントの一環として行われた「AR大仏」

 芸術家としても活動する僧侶の風間天心さん(41)=札幌市中央区=らによる、大仏造立プロジェクトが始まった。「コロナ禍の中、祈りのシンボルとして皆の心を前向きにしたい」と風間さん。4日には、日本全国の寺院を回るイベント「勧進キャラバン」がスタートし、1回目の法要が須磨寺(神戸市須磨区須磨寺町4)で行われた。(森下陽介)

 プロジェクトは3月ごろから企画。インターネット上で必要な資金を集めるクラウドファンディングを活用し、2021年内の「コロナ大仏」造立を目指す。

 「奈良の大仏と同じように、見る人に安心感を与えたい」と風間さんは話す。疫病や災害によって人心が乱れた世を安定させようと、聖武天皇が奈良・東大寺に大仏を造立した時代と、コロナ禍で多くの人が不安な日々を過ごす現代を重ね合わせる。

 イベントでは、各寺院の宗派に合わせた法要を行い、その様子をライブ配信する。また、新型コロナの影響で中止されたイベントのチラシなどを持ち込めば、法要に用いる仏像に貼り付け、供養する。

 会場となる寺院では、拡張現実(AR)の技術を用いた「AR大仏」も見られる。用意されたQRコードをスマートフォンで読み取ると、寺院ごとに異なるデザインの大仏が現れる。

 参加した中学校教諭の男性(63)=神戸市長田区=は「コロナの影響で不安な気持ちを抱えている人は多い。プロジェクトが実現してほしい」

 コロナ大仏の大きさや造立の場所は未定。今後、勧進キャラバンで全国を巡回する中で、意見を聞きながら細部を詰めるという。

 同プロジェクトの概要はホームページで確認できる。「コロナ大仏造立」で検索する。

神戸の最新
もっと見る

天気(9月28日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 24℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ