神戸

  • 印刷
林道の先に立つ謎のらせん階段=神戸市北区道場町
拡大
林道の先に立つ謎のらせん階段=神戸市北区道場町

 神戸市北区道場町。車1台通るのがやっとの林道を抜けると、そこに、らせん階段があった。

 階段を上った先には何もない。山中の川べりから空中に伸びる、約3メートルの純粋階段だ。

 「不思議そうに見てる登山客に『天国への階段』と言うてやるんや」。近くで売店「やまびこ」を営む大北慶隆さん(80)が笑う。

 階段は、大北さんの父親が経営していたJR道場駅前の酒屋で、1階と屋上をつないでいたもの。店舗の改装で不要になり、売店を始めた時に移設したという。

 「父は生前、よく階段から周囲の自然を眺めていた。私もいつかここからあの世に行くのかもね」と大北さんが冗談交じりに話す。

 実際はさび付いて危険なため、今は利用禁止。こここそ、地上のパラダイス。(西竹唯太朗)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月29日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 18℃
  • ---℃
  • 10%

  • 22℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ