神戸

  • 印刷
透き通った体で泳ぐアオリイカ=神戸市須磨区若宮町1(須磨海浜水族園提供)
拡大
透き通った体で泳ぐアオリイカ=神戸市須磨区若宮町1(須磨海浜水族園提供)

 食材としてもなじみ深い「アオリイカ」の子どもが、神戸市立須磨海浜水族園(同市須磨区若宮町1)の本館2階で展示されている。透き通った体で泳ぐ姿が、来園者の注目を集めている。

 アオリイカは、日本では北海道より南の各地に生息。春から夏にかけて産卵し、須磨海岸では夏場に、近くの海でふ化したとみられる子どもを採集できる。

 展示は、地元の海の生き物を身近に感じてもらおうと数年前から続けている。今年は、同園に赴任したばかりの礒部雄太飼育員(23)が、8月初めから9月初めにかけて約30個体を採集した。

 ライトで夜の海を照らしつつ、網ですくい上げるのに苦労し、「一晩に数匹ずつ捕まえるのがやっとだった」と礒部さん。何回も挑戦し、現在は体長約10センチの20個体が水槽の中で泳いでいる。展示期間中に、約20~30センチに成長する見込みという。

 12月20日まで。午前9時~午後5時。18歳以上1300円、15~17歳800円、小中学生500円、未就学児無料。同園TEL078・731・7301

(太中麻美)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ