神戸

  • 印刷
人形と光が融合するムットーニ作品をオルゴールが彩った特別展=六甲オルゴールミュージアム
拡大
人形と光が融合するムットーニ作品をオルゴールが彩った特別展=六甲オルゴールミュージアム

 からくり人形師のムットーニさん(本名・武藤政彦さん)の作品をオルゴールの音色で演出する特別展「ムットーニのオルゴールシアター」が、神戸市灘区六甲山町北六甲の六甲オルゴールミュージアムで開かれている。機械仕掛けの人形の巧みな動きや多色の光が織り成す独自の世界観と、同ミュージアム所蔵品が奏でるメロディーとのコラボレーションが楽しめる。(佐藤健介)

 ムットーニさんは1980年代半ばから油彩画と並行し、人形や建物の模型などが入ったカラクリ箱を劇場に見立てた作品を手掛けてきた。あらかじめプログラミングした音楽や人形の動きに、自身の口上も乗せて幻想的な物語を表現。全国各地の美術館やアートスペースで展覧会を催してきた。

 同展は初の試みとして、ムットーニ作品の音楽を、100年以上前にドイツや米国で作られたアンティーク・オルゴールなどで表現。学芸員の崎本恵里奈さんは「オルゴールが醸し出す懐かしさや旅情を楽しんでほしい」と狙いを話す。

 上演には5種類の作品を用意。そのうち、バーが舞台となったストーリーは、店主の人形が閉店後にただひとり、トランペットを吹く動きをする。プロの奏者を目指して挫折した過去を振り返る設定。暗闇に月や星が光る演出は、夢に向かっていた思い出の美しさとはかなさを感じさせる。

 鑑賞した大津市の女性会社員(31)は「思い出に浸る人の哀愁が、オルゴールの美しい音でさらに際立つ」とうっとりしていた。

 12月27日まで。約15分間で1日に7回以上。無料。入館料1050円(4歳~小学生は530円)が必要。上演1カ月前から予約を受け付ける。11月26日~12月17日の木曜休館。同ミュージアムの公式ウェブサイトか電話(TEL078・891・1284)で申し込む。

神戸の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ