神戸

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市交通局は8日の市会決算特別委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大以降、市営地下鉄や市バスの乗客減が続き、経営状況が悪化していることから、減便の検討が必要との認識を示した。

 同局によると、感染拡大を受けて外出抑制が進んだ4~5月、地下鉄とバスの運賃収入は前年比5~6割の減。6~7月も2~3割の減となった。

 在宅勤務の広がりなどを背景に、今後も減収の恐れがあり、本年度の減収額は地下鉄事業で41億円、バス事業で16億円に上るとの試算もあるという。

 岸田泰幸交通局長は固定費圧縮のため「一定の減便や、ダイヤの見直しを検討せざるを得ない」としつつ、「まだ具体的な(減便検討の)作業は行っていない。市民の足を守るため、動向を見極めながら慎重に検討する」と強調した。

 駅舎の改修やホームドアの設置、市バス車両の大量更新など、今後に大規模な投資が控えており、「非常に厳しい状況が続く。人件費の削減や新たな収入源の確保などで経営の安定化を図りたい」と述べた。

 また、JR西日本が来春から終電時間を繰り上げることを巡り、委員が対応について質問。同局幹部は「追従してダイヤを改正することは考えていない」と述べた。(初鹿野俊)

神戸の最新
もっと見る

天気(10月23日)

  • 22℃
  • 16℃
  • 90%

  • 20℃
  • 15℃
  • 90%

  • 22℃
  • 17℃
  • 90%

  • 21℃
  • 16℃
  • 90%

お知らせ