神戸

  • 印刷
市役所の銘板を前にする久元喜造市長(中央)、矢田立郎前市長(左から2人目)ら=神戸市役所2号館
市役所の銘板を前にする久元喜造市長(中央)、矢田立郎前市長(左から2人目)ら=神戸市役所2号館

 近く始まる解体工事を前に、神戸市役所本庁舎2号館(神戸市中央区加納町6)で29日、お別れ式典が開かれた。戦後の三宮を代表するモダンな建物は、戦災と震災という二つの災禍からの復興のシンボルとして市民に親しまれてきたが、庁舎の再整備に伴い、63年の歴史に幕を下ろした。

 式典には、久元喜造市長や矢田立郎前市長をはじめ、歴代の市会議長や助役、副市長らが出席。モノクロ写真のスライドで歴史を振り返った。

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

神戸の最新
もっと見る

天気(6月18日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 19℃
  • 70%

  • 28℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 20℃
  • 60%

お知らせ