神戸

  • 印刷
新国立競技場と同じ舗装材に一新された多目的運動広場のトラック=神戸市北区、しあわせの村
拡大
新国立競技場と同じ舗装材に一新された多目的運動広場のトラック=神戸市北区、しあわせの村

 神戸市北区のしあわせの村多目的運動広場が、東京・国立競技場と同じ舗装材のトラックにリニューアルされた。反発力があり、「高速トラック」として知られるモンド社(本社・イタリア)の合成ゴム製を採用。同市によると、国立競技場、そのサブトラックと同じ仕様は国内唯一という。(井川朋宏)

 1周400メートルの6レーンで、トラック種目で公式の大会で使用できないが、毎年秋の関西学生対校女子駅伝の発着点となっている。完成から30年以上が経過し、老朽化が進んでいたほか、東京パラリンピックなどの事前合宿にも合わせようと、昨年末からの公募で、委託業者を選定。インフィールドの芝生などと合わせ、約2億2400万円をかけて改修した。

 9月20日、完成したトラックをお披露目し、親子向けの走り方教室や、小中高生らの記録測定体験といったイベントを催した。今月4日には、障害者らのリレー大会「神戸パラリレーカーニバル」も開かれた。

 視覚障害があり、伴走者と同大会に出場したシドニー・パラリンピック跳躍代表、今井裕二さん(53)=神戸市西区=は「程よい硬さで、すーっとスピードに乗っていきやすく、すごく走りやすい。国立競技場の感覚をイメージできてうれしい」と語った。

 神戸市では2022年、同市須磨区のユニバー記念競技場で世界パラ陸上選手権の開催を予定する。東京パラリンピックの事前合宿を含め、代表選手の練習場として使う可能性がある。しあわせの村を運営するこうべ市民福祉振興協会常務理事の川田誉史子(よしこ)さん(58)は「皆さんに使ってもらい、五輪やパラリンピックを身近に感じ、運動を始めることで健康につながれば」と話す。

 午前9時~午後5時(受け付けは同4時まで)。個人利用1回一般150円。利用可能日などの問い合わせは、しあわせの村テニスコートTEL078・743・8080

神戸の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ