神戸

  • 印刷
県内の高校生の書が並ぶ会場=神戸市灘区原田通3
拡大
県内の高校生の書が並ぶ会場=神戸市灘区原田通3

 「第44回兵庫県高校総合文化祭書道展」が6~8日、神戸市灘区原田通3、原田の森ギャラリーで開かれる。今回は同県内98校から、作品383点が展示される。

 県教育委員会、県高校教育研究会書道部会などの主催。高校書道部の県大会に当たり、審査で上位に選ばれた作品は全国大会や近畿大会に出品される。

 本年度のテーマは隷書。会場には、赤色紙に金字の「曹全碑」の臨書など力作が並ぶ。ほかにも各校が、西行の「山家集」の和歌を書いたかな作品、「コロナ禍 コロナニ負ケルナ」といったメッセージ性のある作品などを出品している。

 吉川高校(同県三木市)2年で書道部部長の片山莉央さん(16)は「全国を目指して練習してきた。(新型コロナによる)外出自粛で部活の時間が少なかったが、短時間で集中して仕上げた。ぜひ見てほしい」と話した。

 午前10時~午後5時(8日は午後3時まで)。入場無料。同ギャラリーTEL078・801・1591

(坂井萌香)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ