神戸

  • 印刷
「コロナ退散」ののぼりを背負ったカッパ。近くに住むボランティアらが作成した=神戸市須磨区横尾4
拡大
「コロナ退散」ののぼりを背負ったカッパ。近くに住むボランティアらが作成した=神戸市須磨区横尾4

 SUMAのYAMAにはUMA(未確認生物)がいた。

 神戸市須磨区横尾4の横尾山東花壇にある小さな池。頭には皿、黄色いくちばしに1メートルほどの緑色の姿は…紛れもなく、かっぱだ。さらに謎なのは、「コロナ退散」と書かれた、のぼり旗を背負っていることだ。

 実はここは市民花壇。かっぱは手入れをする高橋宣光(せんこう)さん(78)らが「池といえばかっぱだ」と、ペットボトルやバスケットボール、シャンプーハットでこしらえた。折しも、新型コロナウイルス感染症が襲い、収束の願いも込めることにしたという。

 乾燥はかっぱの皿の大敵だが、コロナ禍でも感染拡大のリスク。ウイルスなんて屁(へ)のかっぱ、とは思わずに、マスクはちゃんと着けましょう。(森下陽介)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(12月6日)

  • 14℃
  • 7℃
  • 0%

  • 14℃
  • 3℃
  • 10%

  • 15℃
  • 6℃
  • 0%

  • 16℃
  • 4℃
  • 0%

お知らせ