神戸

  • 印刷
干潟で生き物を探す浜山小学校の児童ら=神戸市兵庫区材木町4
拡大
干潟で生き物を探す浜山小学校の児童ら=神戸市兵庫区材木町4

 水質改善が進み、市民の憩いの場となっている兵庫運河に、約400平方メートルの干潟(神戸市兵庫区材木町4)が造成された。25日のお披露目会には近くの浜山小学校の児童らが招かれ、水辺の生き物との触れ合いを楽しんだ。

 神戸市港湾局と近畿地方整備局神戸港湾事務所による、環境に配慮した港湾整備の一環。防波堤の撤去工事で生じた石材などを活用し、多様な生物が生息する場を造ろうと、6月に着工した。同小児童からの要望や兵庫漁業協同組合の意見も反映して、10月末に完成した。

 お披露目会では、児童約220人がライフジャケットに長靴姿で干潟に入り、手にしたスコップや網で貝やヤドカリ、アメフラシなどを採集。バケツに移して観察しながら、「もっとたくさんの生き物を見つけたい」と声を弾ませていた。

 普段は立ち入ることはできないが、近隣の小学校などで環境学習に活用してもらう予定。神戸港湾事務所の片岡輝行副所長は「完成して間もないが、干潟では多くの生き物が見られる。末永く利用してほしい」と話した。(森下陽介)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(1月23日)

  • 11℃
  • 9℃
  • 70%

  • 9℃
  • 6℃
  • 80%

  • 10℃
  • 8℃
  • 70%

  • 10℃
  • 7℃
  • 80%

お知らせ