神戸

  • 印刷
ロゴ入りのトレーナーを着て、展示パネルなどを紹介する藤中健二さん=加西市東長町(本人提供)
拡大
ロゴ入りのトレーナーを着て、展示パネルなどを紹介する藤中健二さん=加西市東長町(本人提供)

 「パルナス、パルナス、モスクワの味-」と哀調を帯びたCMソングで関西人に親しまれた洋菓子メーカー「パルナス製菓」にまつわる展示会が5日、神戸市東灘区御影石町4の御影公会堂である。創業者の故古角(こかど)松夫さんが執筆した新聞コラムやクリスマス仕様の店舗模型が並び、CMも上映。懐かしい昭和のクリスマスの記憶を呼び覚ます。(森 信弘)

 企画したのは、古角さんの出身地、兵庫県加西市に住む会社員藤中健二さん(56)。2000年に同社が半世紀の歴史に幕を下ろした後、ゆかりのグッズが同市に寄贈されていることを知り、17年に「パルナス復刻委員会」を設立。地元や神戸市でパルナス関連の展示会を毎年開き、人気を集めている。

 今回は、夕刊紙の大阪新聞に10回連載したコラム「菓子歳時記」(1984年7月~85年4月)のパネルを展示。本場の味を学ぼうとモスクワを訪ねた思い出などの夢と苦闘の日々を振り返り、洋菓子作りに込めた思いがつづられている。

 ほかに、クリスマスシーズンの店舗を再現したジオラマや当時の包装紙などの関連品も並べる。復刻委が製作したマグカップなどの販売もある。

 新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中での開催に、藤中さんは「パルナスは昭和のアイコン(象徴)だと思う。楽しかった子ども時代のクリスマスを思い出して、元気を出してほしい」と話す。

 午前10時~午後5時。入場無料。感染防止のため、会場前での検温や入場制限などの対策を講じる。

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(1月27日)

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 13℃
  • ---℃
  • 20%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

  • 15℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ