神戸

  • 印刷
「ティンガティンガ」の作品を仕上げるレイモンドさん=神戸市中央区小野柄通8、神戸阪急
拡大
「ティンガティンガ」の作品を仕上げるレイモンドさん=神戸市中央区小野柄通8、神戸阪急

 アフリカ東部にあるタンザニアの現代アート「ティンガティンガ」の原画展が、神戸市中央区小野柄通8の神戸阪急で開かれている。画家30人による約100点を展示販売。息をのむような鮮やかな色彩の作品が並び、買い物客らが足を止めていた。3月2日まで。

 タンザニアの製品を輸入販売する「バラカ」(大阪市)が主催。同社は現地の雇用支援にも取り組む。

 ティンガティンガは、1960年代にエドワード・サイディ・ティンガティンガ氏が生み出したとされる。下書きをせず、建築用のペンキ6色のみで描くのが特徴という。

 会場では、大地を駆けるライオンや象、マサイ族の生活など、豊かな自然や暮らしがキャンバスいっぱいに表現され、生命力あふれる作品が目を引く。

 期間中は来日した画家のレイモンドさん(34)による実演も披露。ゆっくりと絵筆を運びながら、伸びやかな構図でクジャクなどを描いた。市内の女児(8)は「線が細かくて、色使いがきれい」と見入っていた。(末永陽子)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(2月26日)

  • 9℃
  • ---℃
  • 50%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

  • 10℃
  • ---℃
  • 50%

お知らせ