神戸

  • 印刷
過去から未来までの神戸の街の姿を、通路いっぱいに彩るデザインと星加ルリコさん=神戸市中央区雲井通8
拡大
過去から未来までの神戸の街の姿を、通路いっぱいに彩るデザインと星加ルリコさん=神戸市中央区雲井通8

 JR西日本が建て替え計画を進める三ノ宮駅ビル(神戸市中央区)の工事現場を覆う仮囲いにこのほど、周辺市街地の移り変わりを示すデザイン画が描かれた。三ノ宮-神戸間の一帯について、鉄路が敷かれた明治以降の歴史や今後の開発などを、写真やイラストで紹介している。(大盛周平)

 デザイン画が登場したのは、三ノ宮駅中央口を南に出てロータリーに向かう通路沿いの仮囲い(長さ約26メートル、高さ約2メートル)。中央区の企画・デザイン会社、ルリコプランニングがJR西から作画を請け負い、3月末に完成させた。

 神戸市などが保存する写真を閲覧できる「神戸アーカイブ写真館」(同市長田区)などの協力を得て、さまざまな時代の写真を使用。明治期の各駅周辺の風景をはじめ、昭和初期の駅や周辺百貨店などの建造物、終戦直後に形成された高架下の闇市に集まる人びとの様子を捉えた写真などを並べた。また、同じ場所の現在の写真と並べて比較できるようにもした。

 このほかデザイン画では、市街地の将来像も示す。今後東遊園地に開業する予定の図書館「こども本の森」や神戸税関前の歩道橋なども、完成予想図などで紹介している。

 「街をぶらりと歩きたくなるデザインを心掛けた」と、ルリコプランニングの星加ルリコ代表(45)。「未来を見るために、歴史の上に今があることを感じてもらいたい。また、一人でも多くの人に街をどう良くしていくか関心を持ってほしい」と話す。

 新ビルの計画は、新型コロナウイルス禍で遅れが出ている。JR西によると工事の進ちょくによるが、デザイン画は今秋ごろまで見られるという。

神戸

兵庫がもっと好きになるニュースお届けします。「神戸新聞ニュースレター」の購読は、下のフォームから。

利用規約に同意の上、登録ボタンをクリックしてください。

神戸の最新
もっと見る

天気(5月19日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 20%

  • 24℃
  • 17℃
  • 20%

  • 25℃
  • 20℃
  • 60%

  • 26℃
  • 20℃
  • 30%

お知らせ