神戸

  • 印刷
震災冊子の発行に携わった灘中高の(左から)岡田怜さん、佐藤弘麿さん、小坂壮太さん、金沢正斉さん=神戸市東灘区魚崎北町8
震災冊子の発行に携わった灘中高の(左から)岡田怜さん、佐藤弘麿さん、小坂壮太さん、金沢正斉さん=神戸市東灘区魚崎北町8

 「震災直後の神戸の町っちゅうのは、死がその辺に満ちあふれているというか、そこら中にあるわけですよ」-。灘中学・高校(神戸市東灘区魚崎北町8)の生徒会が、阪神・淡路大震災を経験した教職員らの声をまとめた冊子「“あの日”を知らない君たちへ-阪神淡路大震災と灘校 証言記録」を発行した。揺れの瞬間や避難所となった同校の様子を振り返る生々しい言葉が並び、編集に携わった生徒たちは「当時の情景が浮かび、心に突き刺さった。この冊子には地震の教訓が詰まっている」と話す。(名倉あかり)

この記事は会員記事会員記事です。新聞購読者は会員登録だけで続きをお読みいただけます。

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ