神戸

  • 印刷
仕上がった絵を手にする川上奈々さん。人柄も投影した優しいタッチが特徴=神戸市垂水区
拡大
仕上がった絵を手にする川上奈々さん。人柄も投影した優しいタッチが特徴=神戸市垂水区
オンラインで作業を進める川上さん=神戸市垂水区
拡大
オンラインで作業を進める川上さん=神戸市垂水区

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、神戸市垂水区で似顔絵屋を営む川上奈々さん(27)=同市西区=がオンライン注文を受け付け、外出を控える多くの客に喜ばれている。通常は、予約して来店してもらって対面で似顔絵を描くが、感染拡大を防ぐため、無料通信アプリ「LINE(ライン)」やスカイプ、ズームなどのビデオ通話機能で対応。画面越しに雑談しながら、色鮮やかで温かみのあるタッチでオリジナルグッズを仕上げ、「巣ごもり生活」に彩りを添えている。(佐藤健介)

 明石高校美術科で彫刻を専攻するなど、デザインの腕を磨いてきた川上さん。2015年に第1子を授かったことをきっかけに、育児で子どものそばに寄り添いながらできる仕事を模索していた。

 そんな時、友人から似顔絵を頼まれた。恋人と一緒にいるシーンを描くと喜ばれ、自らも幸せな気持ちに。そこから川上さんの評判が広がり、似顔絵の引き合いが増えたこともあり、開業を決めた。

 これまでに納品した客は3千組以上。色鉛筆やパソコン、水彩絵の具を駆使し、還暦祝いや出産祝いに贈る似顔絵のほか、結婚式のウエルカムボード、インターネット交流サイト(SNS)のアイコンデータなどを手掛けてきた。有償で特技・サービスを提供するウェブサイト「ココナラ」にも出品する。

 オンラインサービスは昨春にスタート。コロナ流行による外出自粛要請を受け、「行楽に出掛けられない家族連れや、会えなくなったカップルらの暮らしに潤いを」と思い立った。

 似顔絵にする人の写真データをメールなどで送ってもらうほか、ビデオ通話で依頼者と画面越しにコミュニケーションを取りながら描く。オンラインでも心掛けることは変わらず、趣味や好きなことなど、たわいのない話からにじみ出る人柄を商品に投影。「手編みした物を、孫や友人に贈っている」というエピソードを聞けば、絵のタッチや色使いを柔らかくし、優しい性格を表現する。

 「似顔絵には絆を深める力がある、とコロナ禍で改めて気付いた。離れて暮らし、会うのが難しい家族や大切な人らをそばに感じるお手伝いがしたい」と語る。

 料金(数千円)や商品など詳細の問い合わせと申し込みはメールnigaoe@kwkm7.comまたはTEL080・6153・2295

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(5月6日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ