神戸

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市は13日、同市中央区に設置する新型コロナウイルスワクチンの大規模接種会場に関し、14日から予約を始め、25日に接種を開始すると発表した。1日平均2千人の接種を予定。同会場のオープンによって、高齢者の接種を7月末までに終えられる見込みという。

 大規模接種会場は、JR神戸駅近くの神戸ハーバーランドセンタービル(中央区東川崎町1)に開設。3、5階の計約3600平方メートルで、6月14日までは3階のみ(約3千平方メートル)を使う。

 ワクチンは米ファイザー社製を使用。同会場では、居住区に関係なく接種を受けられる。まずは1日約千人でスタートし、段階的に同約2千人に引き上げる。

 接種は、市から協力要請を受けた市歯科医師会の歯科医師が行う。予診や副反応への対応は医師が、また問診や接種補助、ワクチンの準備などは看護師と薬剤師が担う。1日当たり歯科医師20人を含む計約140人体制で運営する予定。

 高齢者のワクチン接種について、市は10日から、各区の集団接種会場での接種を開始。17日からは病院や診療所での個別接種をスタートさせる。

 当初の予定では、政府が目標とする高齢者接種の7月末完了は困難だったが、大規模接種会場を設けることで、終了できる見込みが立った。すでに別会場を予約した人も、大規模接種会場に変更できる。

 久元喜造市長は「コロナを収束させるためには、ワクチン接種を急ぐことが不可欠。何よりも今の医療提供体制の危機を脱するため、スピード感を持って、接種を進めたい」と話した。(三島大一郎)

神戸
神戸の最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ