神戸

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 5月の神戸市内の新型コロナウイルス感染状況は、月間の死者やクラスターの数が過去最多を更新する一方、16日の新規感染者数が34日ぶりに100人を下回るなど、月の下旬から減少傾向が顕著になった。医療逼迫(ひっぱく)で入院できない患者も大幅に減り、政府が示す感染状況の指標も改善している。(長谷部崇)

 5月の1週間当たりの感染者数の推移をみると、5月2~8日=1204人▽9~15日=931人▽16~22日=608人▽23~29日=305人。月末には月初の4分の1まで減少。4月末が「第4波」のピークで、緊急事態宣言の効果も表れ出したとみられる。

 コロナ患者の受け入れ病床は5月に46床増え、計305床に。感染者数の減少で、入院調整中の患者は1720人(5月1日時点)から290人(同31日時点)まで減った。市によると、保健所の業務負担もある程度改善してきたという。

 一方、6月3日時点の5月の死者数は180人、5月に公表したクラスターは58件で、いずれも過去最多を更新。長田区の老健施設では140人が感染し、入所者31人が亡くなった。ただ、クラスターの半数近くは4月に5人以上の感染を確認したが、業務逼迫などで発表が5月にずれこんでいたものだった。

 クラスターの発生場所の内訳は、福祉施設が29件で半数を占め、ほかは学校園15件▽医療機関9件▽事業所4件▽公的機関1件-だった。

 5月は市内12カ所の集団接種会場や2カ所の大規模接種会場などで、高齢者へのワクチン接種が始まった。市健康局政策課の小林茂幸担当係長は「次の波までに、市民の『盾』となるワクチン接種をどれだけ進められるかが鍵。暑くなり、マスクを外して出歩く人も見かけるが、人混みなどでは着用の徹底を」と呼び掛けている。

神戸新型コロナ
神戸の最新
もっと見る

天気(6月22日)

  • 28℃
  • 22℃
  • 30%

  • 28℃
  • 18℃
  • 30%

  • 30℃
  • 22℃
  • 30%

  • 30℃
  • 21℃
  • 30%

お知らせ