神戸

  • 印刷
神戸新聞NEXT
拡大
神戸新聞NEXT

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、神戸市は29日、60~64歳や感染リスクの高い職場で働く人らの予約受け付けを再開すると発表した。米ファイザー製ワクチンを一定量確保できたため、対象を拡大する。

 市によると、今回予約を再開する対象者のうち、60~64歳と医療実習生、高齢者・障害者施設や居宅・訪問系サービス事業所の従事者は、30日から新規予約の受け付けを開始する。

 また、新規感染者に占める若年層の割合が増えていることを受け、学校園や保育所の教職員と保育士、児童館や児童養護施設の職員らの予約を8月10日から始める。理容師や美容師、公共交通機関でじかに乗客と接する従業員も同日から予約受け付けを開始する。

 接種を受けられるのは、ファイザー製を使う個別接種の医療機関や集団接種会場が8月10日から。米モデルナ製を使う集団接種会場は、それぞれ予約が始まった日から接種できる。大規模接種会場のノエビアスタジアム神戸では、今回拡大する全ての対象者が7月30日から接種できる。

 久元喜造市長は「高齢者の約8割は、7月中に接種を終える予定だ。59歳以下についても、8月中旬ごろには何らかの接種の見通しを示せるのではないかと考えている」とした。(三島大一郎、長谷部崇)

神戸新型コロナワクチン
神戸の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ