神戸

  • 印刷
山城の模型の開発、販売を始めた(左から)藤井淳さん、圓丸哲朗さん、三宅勝さん=神戸市中央区海岸通2
拡大
山城の模型の開発、販売を始めた(左から)藤井淳さん、圓丸哲朗さん、三宅勝さん=神戸市中央区海岸通2
第1弾として商品化した「八上城」のジオラマ(戦国の山城製作所提供)
拡大
第1弾として商品化した「八上城」のジオラマ(戦国の山城製作所提供)

 神戸市を拠点に活動する、事業者や城郭研究者でつくるグループ「戦国の山城製作所」が、3Dプリンターによる山城の模型を開発し、販売している。第1弾は兵庫県丹波篠山市の八上城。地形や建物の形など、細部まで戦国当時の姿にこだわった。山城の模型が商品化される例は珍しいといい、グループの発起人、自営業藤井淳さん(44)=同県明石市=は「地域振興や教育に役立てたい」と意気込む。(大橋凜太郎)

 大の山城好きという藤井さんは、現地に足を運ぶうち、優れた造形を手元に残したいとの気持ちが芽生えたという。しかしジオラマは市販で手に入らなかったため、「それなら自分でつくろう」と2019年、親交のあった城郭研究者の三宅勝さん(41)=神戸市北区=に相談。事業仲間で3Dプリンターを扱える圓丸(えんまる)哲朗さん(71)=同市東灘区=の協力も得て20年、同グループを結成した。

 第1弾として企画したのが、八上城。明智光秀と戦った波多野秀治が城主で、同年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」でも話題となった。模型づくりに必要なデータを集めるため、三宅さんが現地に足を運んで測量を実施。完成した立体図を基に、圓丸さんが3Dプリンターでプラスチック製の山に加工した。

 目指したのは、戦国時代の姿だ。「史実に忠実」を念頭に置き、史料などを基に三宅さんが監修。建物も山の縮尺に合わせ、細かく調整した。柵に至るまでこだわり、山肌はジオラマ用のパウダーをまぶして土の質感を出している。

 2年半を費やして完成した模型は、自宅で飾りやすいA4サイズに仕上がった。高さは13センチ。現在は完成版のみをネットショップで販売しているが、自分で組み立てるキットも販売する予定という。

 第2弾として同県朝来市の竹田城のほか、県外の山城も制作中といい、藤井さんは「山城周辺で模型を販売し、山城を巡るツアーも商品化したい」と意欲をにじませる。八上城の完成品模型は3万9800円。購入は「戦国の山城製作所」のホームページから。

神戸明石
神戸の最新
もっと見る
 

天気(9月20日)

  • 29℃
  • 23℃
  • 10%

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 10%

  • 31℃
  • 21℃
  • 10%

お知らせ