神戸

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 新型コロナウイルスのワクチン接種で、神戸市は4日、40~59歳の予約受け付けを5日から始めると発表した。また、集団接種などを受けるのが難しい知的・精神障害者らのために設ける接種会場の予約も再開する。(三島大一郎)

 市によると、感染の「第5波」とされる7月以降の感染者1142人(8月3日時点)のうち、30代以下が66・6%、40~50代が27・5%を占める。中でも40、50代の重症患者が増える傾向にあるという。

 このため、40、50代については5日から、大規模接種会場のノエビアスタジアム神戸の予約を開始する。6日以降、接種を受けられる。ノエスタ神戸では日によって予約枠に空きが出ているほか、使用する米モデルナ製ワクチンの供給が安定していることなどから、対象年齢の拡大を決めた。

 また、集団接種会場などでの接種が難しい人の予約受け付けも5日から始める。対象は知的・精神障害者や認知症の人。家族ら介護者も2人まで接種できる。

 会場は市医師会北部休日急病診療所(北区)と、ニチイ学館研修棟(中央区)で、米ファイザー製ワクチンを使う。

 久元喜造市長は「全国の感染状況をみると、予断を許さない状況が続く。より若い世代も含め、できるだけ早く接種をしてもらえるよう取り組む」と話した。

神戸新型コロナワクチン
神戸の最新
もっと見る
 

天気(1月17日)

  • 10℃
  • ---℃
  • 20%

  • 7℃
  • ---℃
  • 70%

  • 10℃
  • ---℃
  • 10%

  • 9℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ