神戸

  • 印刷
「違うからこそ」という題で思いを語り、最優秀賞を受けた具宥聖さん=神戸市中央区下山手通4
拡大
「違うからこそ」という題で思いを語り、最優秀賞を受けた具宥聖さん=神戸市中央区下山手通4

 兵庫県内の中学生による「少年の主張兵庫県大会『中学生のメッセージ2021』」(神戸新聞社など後援)が25日、神戸市中央区の県民会館で開かれた。東京五輪、新型コロナウイルスなどの社会的な出来事や、家族、友人といった身近な存在を題材に思いを語った。

 県青少年本部が主催し、43回目になる。今年は95校から計1万1912人の応募があり、10人が各地区の予選を通過。この日は9人が会場で登壇して発表し、1人は事前に収録した動画を流す形で参加した。

 最優秀の県知事賞を受けた西宮市立上ケ原中学校2年の具宥聖(クユソン)さん(14)は両親が日本人と韓国人。幼い頃、名前をからかわれたこともあったという。やがて友人から「ゆそん」と呼ばれるようになり、「うれしかった」と述懐。「違うことで排除せず、互いに認め合えることが大切」と力を込めた。

 ほかに、優秀賞に、豊岡市立豊岡北中3年の陳篠(しょう)さん(16)と、明石市立江井島中3年の畑田珠璃(しゅり)さん(15)の2人が選ばれた。(谷口夏乃)

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(10月26日)

  • 22℃
  • 14℃
  • 10%

  • 20℃
  • 11℃
  • 30%

  • 21℃
  • 13℃
  • 20%

  • 22℃
  • 13℃
  • 50%

お知らせ