神戸

  • 印刷
時間をテーマに描いた作品を紹介する大橋麻里子さん=神戸市中央区中山手通4
拡大
時間をテーマに描いた作品を紹介する大橋麻里子さん=神戸市中央区中山手通4

 神戸市須磨区出身の画家大橋麻里子さん(31)=大阪市=による「Between」と題した個展が、神戸市中央区中山手通4のギャラリー兼カフェ「CONCEPT SPACE SEE?(コンセプト・スペース・シー)」で開かれている。「時間を手で積み重ねるように描いた」という絵画16点が並ぶ。27日まで。(小林伸哉)

 大橋さんは多摩美術大学大学院で油絵を学んだ後、2018年から今春まで文化活動スペース「KOBE STUDIO Y3(コウベ・スタジオ・ワイスリー)」(神戸市中央区)を拠点に創作。描く要素や色彩を絞り、キャンバスに余白を残す画風に至った。

 目に見えず、触れることもできない「時間」を可視化するのが狙いだ。街で撮った写真や、自ら描いた線を画像ソフトに取り込んでコラージュのように編集。そのイメージをキャンバスに投影し、丹念に手で絵として描き出す。音を文字で表すなどしたコミック風のタッチも取り入れ、鑑賞者を空想の世界に誘う。

 「ちょっとずつ色を置いて、人の手で描く。その時間を大事にしている」と大橋さん。絵の具の厚みやつやなど質感を見せ、手作業の痕跡を作品に残す。「見た人が今までやこれからを考える絵画になったらいいな」と話す。

 午前11時~午後7時。コンセプト・スペース・シーTEL090・4853・7646

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(8月11日)

  • 34℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 30%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

  • 37℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ