神戸

  • 印刷
梅雨明け後の青空の下、黄色い花をまっすぐに咲かせるヒマワリ=神戸総合運動公園
拡大
梅雨明け後の青空の下、黄色い花をまっすぐに咲かせるヒマワリ=神戸総合運動公園

 史上最短の梅雨が明け、青い空が広がる中、神戸総合運動公園(神戸市須磨区緑台)のコスモスの丘で、約6千本のヒマワリが見頃を迎えている。4日まで楽しめる。(長嶺麻子)

 約4千平方メートルの斜面は、春は菜の花、秋はコスモスで彩られるが、2015年から市内の幼稚園や保育園の園児らがヒマワリの苗を植えるようになった。

 新型コロナウイルスの影響で、20、21年は見送ったが、今年は5月中旬に27園の計約900人が苗を植え付け、6月下旬から一気に開花が進んだ。

 通常は大人の背丈まで育つ品種だが、今年は雨が少ないからか、子どもも見やすい高さで花を咲かせ、親子連れらが散策を楽しんでいた。

 コスモスの植栽に向け、5日には園児らによって、ヒマワリの刈り取り作業が行われる。

 神戸総合運動公園管理センターTEL078・795・5151

神戸
神戸の最新
もっと見る
 

天気(8月17日)

  • 31℃
  • 27℃
  • 70%

  • 30℃
  • 25℃
  • 80%

  • 32℃
  • 28℃
  • 60%

  • 31℃
  • 27℃
  • 70%

兵庫県内に 警報 が発令されています

お知らせ