生活

  • 印刷

 選挙への関心はあるけれど、少子化対策を訴える候補者の誰に票を投じれば-。そんな子育て世代に向けたイベント開催への資金協力を、兵庫県猪名川町の大学院生、元橋利恵さん(29)が呼び掛けている。「保育園落ちた!選挙攻略法2016」と題し、芥川賞作家らを招き、22日に東京都内で開催。「自分が政治に何を求めるのかを考える第一歩のイベント。関西での開催にもつなげたい」と話している。

 元橋さんは大阪大学大学院の社会学系の博士課程で、女性学や子育てについて研究している。同世代の友人から「政治に関心はあるけど、情報の取捨選択がわからない」「子育てや仕事が忙しくて一から学ぶ時間がない」との声を聞き、わかりやすい情報を届けたいと考えた。

 研究仲間の同志社大学大学院の對馬果莉(つしまかり)さん(30)と企画した選挙イベントは、22日午後1時から、東京都千代田区の上智大学四谷キャンパスで開催。女性学のパイオニア上野千鶴子さんが理事長を務めるNPO法人「ウィメンズアクションネットワーク(WAN)」からの助成も受けることになった。

 ゲストスピーカーとして、政治学者で上智大学教授の三浦まりさん▽芥川賞作家の川上未映子さん▽ジャーナリストの治部れんげさんの3人が登壇。具体的な候補者選びの経緯や考え方などを話す。各党に依頼し、政党関係者も数人参加予定で、会場からの質問に応じるという。

 「国会で取り上げられたブログなどで、声を上げることの重要さを再認識した」と元橋さん。「若い世代が政治に参加するきっかけづくりにしたい」と話している。

 目標金額は40万円。寄付は3千円から。締め切りは20日。クラウドファンディグのサイト(https://readyfor.jp/projects/hoikuenochita_senkyo2016)

(石川 翠)

生活の最新
もっと見る

天気(4月27日)

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ