生活

  • 印刷
【レタス】紀元前6世紀には、ペルシャで栽培されていた歴史のある作物。和名は「ちしゃ」。巻きが緩くて軽く、切り口が白いものを選びましょう。
拡大
【レタス】紀元前6世紀には、ペルシャで栽培されていた歴史のある作物。和名は「ちしゃ」。巻きが緩くて軽く、切り口が白いものを選びましょう。

 春はフレッシュサラダがおいしい季節です。その主役といえばレタス。シャキシャキとした歯触りは最高ですね。でも、生食だけではもったいない! たまにはひと手間かけて、そのうま味をたっぷり味わってみませんか。

 兵庫県産レタスの95%以上を産出する淡路島。1962年に栽培が始まり、70年の大阪万博を機に作付面積が広がりました。さらに、冬でも温暖な気候に加え、トンネル状のビニールで畝を囲う栽培技術のおかげで、厳寒期にも収穫が可能に。現在は10~5月の長期間出荷しており、西日本有数の産地となっています。

 巻きがふわっとしてボリュームがあるのが特長。予冷庫で鮮度を保ち、フレッシュなまま届くため、みずみずしくシャキッとした食感も自慢です。

 傷みやすいレタスは鮮度が命。できれば丸ごと買って、葉をはがしながら使いましょう。金気を嫌うので、包丁は使わず手でちぎるのがベストです。

 外側の大きな葉はロール用にお薦め。豆腐にホタテを混ぜたたねを巻いて、だしで煮ます。油を使わないので、あっさりと上品な味わい。冷たくしてもOKです。エビやカニでも作れますよ。

 定番のレタス炒めは、トッピングを工夫してグレードアップ! ゴマ油の風味に香ばしいクルミとじゃこが食欲をそそります。カロテンや食物繊維もしっかりとれますよ。

【協力】
■生活協同組合コープこうべ「家庭料理研究会」
http://cooking.coop-kobe.net/about/index.php/
■ひょうごの野菜消費拡大推進協議会

【旬キッチン】3月(2)レタスのホタテロール

【旬キッチン】3月(3)レタスのカリカリじゃこ炒め

生活の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ