生活

  • 印刷
兵庫県が作った幼児期の環境学習アドバイスブック=県庁
拡大
兵庫県が作った幼児期の環境学習アドバイスブック=県庁

 兵庫県は、幼児期の環境学習の取り組み方を紹介した保育士ら向けのアドバイスブックを発行した。幼稚園や保育所、認定こども園の教員、保育士らに、自然体験を通じて子どもの豊かな感性を育む先進事例を紹介。県は「身近にできることから始めてほしい」と呼び掛けている。

 県は2014、15年度、環境学習を積極的に実践する60園をモデル園に指定。さらに多くの施設に広げようと冊子を作成した。

 近所の川で生き物や落ちているごみを探したり、牛乳パックなどのリサイクルマークを集めたりと、モデル園6園のアイデアを生かした取り組みを掲載。準備の仕方や教員の関わり方など、具体的な活動プログラムも載せた。都市部の幼稚園で植物や生き物の豊かな園庭を整備した事例も解説している。

 A4判、64ページ。2500部発行。無料。県のホームページからも見られる。県環境政策課TEL078・362・9895

(斉藤正志)

生活の最新
もっと見る

天気(7月29日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 32℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ