生活

  • 印刷
太市のタケノコ
拡大
太市のタケノコ

 さわやかな季節の到来です。この料理のページも今月から装い新たに「はらぺこ ふるさと便」を始めます。兵庫の隠れた特産の食材情報を、お薦めレシピとともに紹介します。1回目は姫路・太市(おおいち)のタケノコ。食べたら違いが分かる逸品の登場です。

 春の味覚を代表する食材の一つ、タケノコ。姫路市西部に位置する太市(おおいち)地区は、その名産地です。嘉永(かえい)年間(1850年ごろ)に親竹として孟宗竹(もうそうちく)を移植したのが始まりとされ、「姿は山城(京都)、味は太市」と称されてきました。

 形はふっくら、ぽっちゃり。えぐみが少なく、軟らかく、香りがよいのが特長です。空気を遮断する粘土質の赤土で育ち、まだ地中にあるものを収穫するので、白さとおいしさを保ったまま出荷されます。出回るのは、3月下旬から5月上旬。今年は気温が低く、雨量が少なかったため生育が遅れましたが、生産量は昨年と同程度の約200トンを見込んでいます。

 最近は山の管理が行き届かなくなり、イノシシやシカによる獣害が増えるなど産地にとっては厳しい状況が続いています。太市筍(たけのこ)組合では100年の伝統を次代につなげようと、ホームページでPRするほか、22日には太市中の桜山公園で恒例の「太市たけのこ祭り」を開催する予定です。

■調理室から

 太市のタケノコは、あく抜きがとても楽。時間も手間も、半分ですむ感じです。なのに食べるとえぐみがなくて、香りが良く、感動しました。そのおいしさを引き立てるために、シンプルな献立を考えてみました。

■ここで買えます

農事組合法人太市筍組合直売所(姫路市西脇504)TEL079・269・0034

お越しいただく際は、事前にご連絡ください。ホームページは
http://harimarche.com/store/Takenoko/

【はらぺこふるさと便1】タケノコとタイの煮物

【はらぺこふるさと便1】タケノコと春野菜のフリッター

生活の最新
もっと見る

天気(7月29日)

  • 32℃
  • 28℃
  • 40%

  • 32℃
  • 26℃
  • 40%

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 33℃
  • 27℃
  • 40%

お知らせ