生活

  • 印刷
「ふれあい」第1回となった1月7日の紙面(画像の一部を加工しています)
拡大
「ふれあい」第1回となった1月7日の紙面(画像の一部を加工しています)

 「ふれあい」が誕生した1977(昭和52)年は、山口百恵の「秋桜(コスモス)」や狩人の「あずさ2号」がヒットし、プロ野球巨人の王貞治選手が、756号本塁打の世界新記録を達成。パリ発東京行きの日航機が日本赤軍5人に乗っ取られる「ダッカ事件」が起きた。

 兵庫県内では、第59回全国高校野球選手権大会で、東洋大姫路高校(姫路市)が、史上初の決勝戦サヨナラ本塁打で初優勝した。

 その年明けに、神戸新聞は朝刊紙面を一新。「くらしのページ充実」をうたい、「ふれあい」を新設した。「夫婦や子ども、職場の話題、結婚への期待、嫁としゅうとめ、政治・経済への注文などふるってご投稿ください」と呼び掛けた。

 第1回は1月7日、当時46歳だった加古川市の鷹野(たかの)春美さん(87)。「私の新年」という題で幼い頃の元日の思い出や結婚後の過ごし方などをつづり、「元日は生ある限り竹の節にも似て確実に巡って来る一日であるだけでなく、永劫(えいごう)につづくもの、また未知なるものへの敬虔(けいけん)な心の身支度の日でもある。…中略…こうして私の一年が始まり、新しい心の一ページがくられる」と記した。(中島摩子)

生活の最新
もっと見る

天気(11月21日)

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

  • 11℃
  • ---℃
  • 50%

  • 12℃
  • ---℃
  • 0%

  • 11℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ