生活

  • 印刷

 こんにちは。フェリシモ女子DIY部です。「はじめてのDIY講座」も今回で最終回。今までのテクニックを総動員して、スペースを有効活用できるあこがれの壁面棚にチャレンジします。

 2×4(ツーバイフォー)材と専用のアジャスターを使って壁や天井に傷を付けずに棚を作ってみましょう。今回使用する2×4材とは、ほとんどのホームセンターで販売されており、安くて加工がしやすく、木口の厚さが2インチ、幅が4インチ規格のSPF材です。この2×4材専用の壁と床を突っ張るアジャスターが販売されています。好きなタイプを選んでください。

 床から天井までの高さから、アジャスターの既定の長さを引いた柱用の木材と、棚板用に同じくSPF材の1×6材を準備します。壁面棚を設置するのが水回りの場合は、木材が腐食しないように保護用の下塗り剤を塗ってから塗装しましょう。実際に柱を立ててみて、どの位置に棚板を付けるかを考え、印を付けます。左右の柱で取り付け位置がずれないように、だいたいの印を付けた後に柱を外して2本並べてまっすぐに印を付けます。取り付ける位置が重要なので、この作業は慎重に行いましょう。また、木材によって節や模様が違うので、きれいに見える面が目に入るように位置を決め、ねじ留めします。下穴を開け、壁などの平らな面に反対側をつけて押し込むように留めるとぐらつきません。全ての棚板やパーツを留めて設置し、アジャスターを調整すれば完成です!

 1年間の連載、いかがでしたでしょうか。皆さまの生活を楽しくするアイデアとして、DIYを取り入れてもらうきっかけになればうれしいです。

(フェリシモ女子DIY部)

フェリシモ女子DIY部のサイトはこちら

生活の最新

天気(8月22日)

  • 32℃
  • 27℃
  • 20%

  • 33℃
  • 25℃
  • 40%

  • 34℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

お知らせ