生活

  • 印刷
神戸市役所=神戸市中央区
拡大
神戸市役所=神戸市中央区

 神戸市は、経済的に厳しい世帯にランドセルや制服の購入費を援助する時期を、入学前の3月中に前倒しすることを決めた。対象は来春の市立小中学校の入学予定者から。従来は早くて7月に振り込まれ、それまでは各家庭で立て替える必要があったが、実態に合った時期に変更する。国の規則改正などを受けた措置で、兵庫県内では複数の自治体が来春実施に向けた準備を進めている。

 同市が前倒し支給を始めるのは、経済状況が厳しい家庭を対象とした「就学援助」のうち「新入学児童生徒学用品費」。生活保護や児童扶養手当を受けているといった要件を満たす世帯に、小学1年生は4万600円、中学1年生は4万7400円を、3月上旬に助成する。従来は所得審査などを経て原則7月末(書類に不備があれば9月末)に振り込んでいた。

 変更の理由について市教育委員会学校経営支援課は「市議会や保護者から要望が出ていたほか、福岡市や熊本市など同規模の自治体での実施状況も踏まえた」と説明。文部科学省が今年3月、入学前に国庫補助を出せるよう規則を改正したことも考慮したという。神戸市で就学援助を受けている児童・生徒は計約2万1千人(2016年度)。

 新入学児童生徒学用品費については、相生市が15年度から前倒し支給を開始。新中1生に向け、1月に支出している。今回の国の規則変更を受け、明石市や小野市なども来春に実施予定という。(新開真理)

生活の最新

天気(6月19日)

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 30%

  • 28℃
  • ---℃
  • 20%

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ