教育

教育ニュース
  • 印刷

 大学入試センター試験は2日目の15日、兵庫県内では神戸大など28大学39会場(一部に高校を含む)で実施。雪による交通機関の乱れで、一部の会場で開始を繰り下げるなどした。

 JR播但線で発生した雪による信号トラブルで、3大学に影響が出た。神戸医療福祉大(兵庫県福崎町)は開始を1時間繰り下げ、姫路独協大(姫路市)は、遅れてきた1人を別室で繰り下げ対応した。兵庫大(加古川市)では5人が繰り下げ受験し、うち2人が22日に一部教科の再試験を受けることが決まった。

 積雪などで阪急バスの一部路線も運休。大手前大(西宮市)によると2人、関西学院大(同市)で1人がそれぞれ繰り下げ受験した。

 また、大学入試センターは、14日の英語リスニングで、兵庫大で監督者の対応ミスがあり、1人を再試験の対象とした。

 県内の教科別受験者数(受験率)は次の通り。理科(1)=6859人(25・9%)▽数学(1)=1万8196人(68・6%)▽数学(2)=1万6714人(63%)▽理科(2)=1万1466人(43・2%)。

(まとめ・上田勇紀)

教育の最新
もっと見る

天気(10月20日)

  • 22℃
  • ---℃
  • 10%

  • 21℃
  • ---℃
  • 20%

  • 21℃
  • ---℃
  • 0%

  • 21℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ